こんにちは!
スタッフ赤木です
 

これまで多くのイチオシカーテンを
紹介してきましたが、慣れないものです。。
今回も生地を選ぶのに時間がかかってしまいました :yan:

本日ご紹介するのは、伝統的でクラシカルな
カーテンです :kirakira:
早速まいりましょう!

まずはこちら

朱子織のつややかな光沢としっかりとした手触りが
表現されたとっておきの一枚です :oops:

すっきりとしたお色なので、伝統的で高級感あふれる柄ながら、
重たい印象を感じさせません。

リビングや私室など、長く過ごす場所に
オススメしたいカーテンです♪
 
 

続いてこちら

ヨーロッパ最大の織物美術館、「リヨン織物美術館」収蔵の
柄をもとに仕立て上げられたカーテンです。

それだけに細部にまでこだわりが感じられる一級品で、
ストライプの中にお花の刺繍があしらわれていたり、
縦糸に別色の糸をさり気なく織り込んでいたりと、
様々な工夫が見られます :idea:

爽やかな印象の水色と、フェミニンなピンク色の二色があり
どちらも可愛く、華やかにお部屋を彩ります :oops:

 
 
最後はこちら

このカーテンは絶対に外せないでしょう。
時代を超えて愛される「ウィリアム・モリス」の代表作、
「いちご泥棒」です!

いちごをついばむつぐみは、優れたアートの様に
見るものを圧倒する美しさと存在感を放ちます :roll:

様々な種類の糸が幾重にも織り重ねられた
丈夫でしっかりとした生地は長年寄り添うお気に入りの一枚になることでしょう :kirakira:
 
 

実はこちらの「いちご泥棒」、同柄のレースもあります!

つぐみのクチバシ、目、羽根の細部まで
刺繍により丹念に表現され、
愛らしいつぐみはまるで生きているようです :-D

厚地を引き立てるそのシンプルな柄は、
ペア柄の「いちご泥棒」はもちろん、
様々な厚地カーテンと相性よく組み合わせることができます。
 
 
 
高級感溢れるクラシック編、
いかがでしたか?

次回は子供部屋に良く選ばれる
「カジュアル」なものをご紹介します :-P

お楽しみに♪